@niftyレンタル掲示板

掲示板の使い方

剥離骨折の後遺症について

  • 小川
  • 2011/04/26 13:29

はじめまして、こんにちは。
今通っているクリニックでは同じことを繰り返し言われるため、もっと詳しく教えていただきたく書き込みさせていただきました。
よろしくお願いいたします。

去年の10月に足の親指の付根の関節付近を剥離骨折し、とくにテーピングや固定をすることなく、ヒールのない靴で安静に過ごしてくださいといわれました。
一ヶ月半ほどで完治すると言われたのですが、最後に行ったあとも、ずっと痛みがありました。

腫れと痛みが治らないため、再度病院へ行き、レントゲンをとりましたが、骨は元通りにはなっておらず、先生に確認したところ、もうずっとこのままですとのことでした。

最初は骨がでてきて(外反母趾のような感じです)いるのではと思ったのですが、骨の周りが腫れていると言われました。

治す方法を聞いたのですが、このまま仕方ありませんと言われました。
本当に治す方法はないのでしょうか?

このままで履く靴にも限りがありますし、日常的に痛いのも困ります。
最初にそのような後遺症が出るのであれば、はっきりと教えていただきたかったです。
他の病院に行こうと思っているのですが、先生の見解を教えていただけますか?
どうぞよろしくお願いいたします。

  • コメント

コメント

    • 1.管理人
    • 2011/04/26 18:51

    小川さん、こんにちは。

    そもそも今回の怪我は、どう言った事が原因だったのでしょう?

    添付していただいた図を見ると、第1中足骨骨頭部の剥離骨折なのでしょうか。

    実際に足、及び画像を拝見していませんので、推測でのお話になりますのでご了承ください。

    まず、剥離した骨片の大きさや、本体から離れた距離によって初期の対処や経過が変わってくると思います。
    通常、小さな骨片であれば、そのままで問題ないことが多いと思います。しかし、靭帯付着部分の裂離骨製などでは、しっかりと骨癒合が行われないと、関節機能に影響が出る心配があります。

    いずれにしても、受傷後は内出血による腫れが酷かったでしょうから、私は3週間くらいは何らかの固定具を使って幹部を固定した方が良かったのではないかと思います。

    中足骨の骨癒合期間は3週間から4週間ですから、それ以上経過していれば、問題ないと考えるのが普通です。しかし、レントゲン写真を撮っても、骨片と本体との間に隙間が残っていることは多いと思います。
    これは、剥離した骨片が癒合していないのではなく、完全に骨化していないためではないかと思います。

    現状で骨片が本体から離れているものを治す方法はありません。ただ、その骨片の存在が痛みの原因となっているようであれば、手術によって除去することは可能だと思いますが、余程の事がないとやらないと思います。

    現在、親指の付け根の関節の内側が腫れていて、痛みを伴っていてお困りなのではないかと察します。
    通常骨折した部分には、修復するために新しい骨が外側に出来ますので、多少出っ張ることもありますが、診ていただいていた先生が仰るように、周辺組織が腫れているのであれば、初期の段階で安静が取れていなかったため、いまだに炎症が続いていると考えられるのではないでしょうか。

    通院中は、理学療法による治療やリハビリは行ったのでしょうか?

    • 削除
    • コメント
    • 2.小川
    • 2011/04/26 23:12

    >>1
    丁寧にご説明いただきありがとうございます。
    骨片と本体との間に隙間が残っていることは多いとわかり安心しました。

    怪我の原因は、廊下から畳の部屋に入ろうとしたところ、入口にスリッパサンダルがあり、躓き倒れました。
    スリッパがゴム製だったため、スリッパはまったく動かず、自分が大きく前のめりで転びました。

    薄利骨折の部分は8m程度だと思います。
    通院中の治療やリハビリは一切していません。
    レントゲンは毎回撮って状態を見ていましたが、その他は何もしていません。

    一番最初に行った時に、親指と第二指(人差し指)を包帯のようなテープで固定されましたが、自宅でするようには言われず、処方箋もありませんでした。


    ヒールのない靴で過ごしてくださいといわれたため、ローファーやヒールのないブーツで過ごしました。
    痛みは残っていたのですが、時間もたったため、最近になり、パンプスを履いたのですが、かなりの痛みがあり、腫れもひどくなりました。
    ヒールのないバレエシューズタイプの靴も、先が丸いため、でっぱっている部分があたり履くことができません。

    通院したのは、10/30、11/13、12/4で、レントゲンで骨の状態を確認したのみです。
    一番最初に見た状態より最後のレントゲンでは、隙間はありましたが、だいぶへっこんでいたため、先生がこのままもう大丈夫でしょうと言われ、通院が終わりました。

    薄利骨折部分を上から押しても痛くはないのですが、横の部分は痛みがあり触っても痛いのです。

    この後遺症を他の病院で治すことは可能でしょうか?
    それとも炎症が治まるのを待つしかないのでしょうか?
    仕事柄ヒールのない靴ばかりだと困ってしまいます。

    足の写真を撮ってみたのですが、公の場ですと恥ずかしいので、メールでお送りさせていただきました。
    恐れ入りますが、ご覧いただけますか?

    走った後も痛いので、このままでは大変不便です。
    ご助言よろしくお願いいたします。

    • 削除
    • コメント
    • 3.管理人
    • 2011/04/27 19:04

    お写真拝見しました。

    全く治療はされていなかったのですね。
    骨折した部分と、現在腫れと痛みのある部分に位置の違いがあるのでしたら、骨以外の組織の損傷などに伴う炎症などの可能性もあると思います。
    また、関節を安静にしていた期間が長すぎて、拘縮を起こし痛みを伴っている事も考えられます。

    いずれにしても、ただ自然に炎症が治まるまで待つよりは、積極的に理学療法などの治療とリハビリを受けられた方が、良いと思います。

    • 削除
    • コメント